編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
米株式動向

EMCはDSSD買収でフラッシュ強化を実現--28日の米IT株動向

ZDNet Japan Staff

2014-05-29 14:39

 5月28日のダウ平均株価は、前日比42.32ドル(0.25%)安の16633.18ドル。IT企業の多いNASDAQ平均株価は前日比11.99ドル(0.28%)安の4225.08ドル。S&P 500は2.13ドル(0.11%)安の1909.78ドルだった。


キャプション

 IT分野の主要企業の動きは以下の通り。表の17社中、上昇したのは7社、10社が下落した。上昇率が最も高かったのは0.86%高の富士通。下落率が最も高かったのは1.86%安のソニーだった。

 この日、0.04%安だったEMCについて、投資情報サイト「Seeking Alpha」は、EMCがチップメーカーのDSSD買収を発表したことに触れ、これがフラッシュストレージの製品ポートフォリオを改善する可能性があると指摘した。DSSDは、フラッシュベースのサーバ向けストレージをプール化する技術を持ち、利用企業がビッグデータを扱えるようにするものだとする。

 新しい種類のストレージ製品により、EMC全体の売り上げは上がる可能性があり、これまでVMwareやRSA Securityなどの買収に成功してきたことにも期待できるとしていた。Seeking Alphaは、EMCの適正株価として、現状よりも10%程度高い29ドルと見積もっている。

(出典:Google Finance www.google.com/finance)
(出典:Google Finance www.google.com/finance)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
米株式動向

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]