米ZDNetの2013年テクノロジ業界予想--3D印刷、ビッグデータからモバイルまで - 4/13

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-01-09 07:30

AnonymousやWikiLeaksが復活し、ハクティビズムが新たな領域に

 Jurian Assange氏がロンドンのエクアドル大使館に「軟禁」されているにもかかわらず、2012年のWikiLeaksは比較的静かだった。

 一方のAnonymousは終始忙しく、彼らが非倫理的だと見なす企業を攻撃し、ネットワークのセキュリティホールを暴露し、そしてなにより、そのプロセスを楽しんでいる(ように見える)。このハッキング集団は、通常「人々のために」、間違った行為や、違法な振る舞いや活動を暴露している。

 WikiLeaksのAssange氏は、すでに2013年にはさらに多くのリーク情報を公開することを約束している。それらの情報は、政府や私企業に長期にわたって影響を与える可能性がある。WikiLeaks集団を除けば、Anonymousやその関係団体は「楽しみのために」セキュリティの弱点を暴露し続けており、政府がそれらのハッカーを自分の目的のために悪用し始める可能性もある。

 サイバー兵器は、今後もコンピュータのコードによって物理的なものを破壊するための効果的な方法として使われ続けるだろう。たとえばStuxnet、Duqu、Flameなどがその好例だ。かつては無人航空機のミサイルや戦術的な軍の強襲がもっとも大きなダメージを与える攻撃だったが、これらの攻撃の背後にいる「正体不明」の政府は、正体を隠したまま国家や国際的な安全保障に対する脅威となる地域を標的とした攻撃を行っている。

AnonymousやWikiLeaksが復活し、ハクティビズムが新たな領域に

 Jurian Assange氏がロンドンのエクアドル大使館に「軟禁」されているにもかかわらず、2012年のWikiLeaksは比較的静かだった。

 一方のAnonymousは終始忙しく、彼らが非倫理的だと見なす企業を攻撃し、ネットワークのセキュリティホールを暴露し、そしてなにより、そのプロセスを楽しんでいる(ように見える)。このハッキング集団は、通常「人々のために」、間違った行為や、違法な振る舞いや活動を暴露している。

 WikiLeaksのAssange氏は、すでに2013年にはさらに多くのリーク情報を公開することを約束している。それらの情報は、政府や私企業に長期にわたって影響を与える可能性がある。WikiLeaks集団を除けば、Anonymousやその関係団体は「楽しみのために」セキュリティの弱点を暴露し続けており、政府がそれらのハッカーを自分の目的のために悪用し始める可能性もある。

 サイバー兵器は、今後もコンピュータのコードによって物理的なものを破壊するための効果的な方法として使われ続けるだろう。たとえばStuxnet、Duqu、Flameなどがその好例だ。かつては無人航空機のミサイルや戦術的な軍の強襲がもっとも大きなダメージを与える攻撃だったが、これらの攻撃の背後にいる「正体不明」の政府は、正体を隠したまま国家や国際的な安全保障に対する脅威となる地域を標的とした攻撃を行っている。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]