編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

米ZDNetの2013年テクノロジ業界予想--3D印刷、ビッグデータからモバイルまで

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-01-09 07:30

家庭での3Dプリンティングは一般的になるか?

 これは、いわば「スター・トレック」に登場する架空の複製装置「レプリケーター」の原始的なものが、今の時代に現れたようなものだ。長い間、印刷はビジネス環境だけのものだった。そのうちに、家庭にも入り込むようになり、一般ユーザーも使うようになった。しかし、印刷の次のステップは3次元、つまり3Dプリンティングだ。3Dプリンティングは、機械やコンピュータの部品、あるいは体の一部としてさえ使える品物を「プリント」(レーザーとコンピュータによる切削によって)する能力を、ユーザーに与えてくれる。

 技術が簡単になるにつれ、家庭ユーザーが図面や青写真をウェブからダウンロードして、自宅のオフィスで自分で製品を作れるようになるのは時間の問題だろう。

 もちろんそれはまだかなり先の話だが、2013年には3Dプリンティングの分野が大きく成長し、それに伴って倫理的な問題も生じてくることが予想される。銃火器を自宅でプリントできてもいいだろうか?3Dプリンタと幹細胞を使って、人体の一部を作っても構わないだろうか?あるいは、「海賊」サイトから図面や青写真をダウンロードすることが許されるべきだろうか?3Dプリンティングが一般的になれば、厳しい規制が行われる可能性が高い。

家庭での3Dプリンティングは一般的になるか?

 これは、いわば「スター・トレック」に登場する架空の複製装置「レプリケーター」の原始的なものが、今の時代に現れたようなものだ。長い間、印刷はビジネス環境だけのものだった。そのうちに、家庭にも入り込むようになり、一般ユーザーも使うようになった。しかし、印刷の次のステップは3次元、つまり3Dプリンティングだ。3Dプリンティングは、機械やコンピュータの部品、あるいは体の一部としてさえ使える品物を「プリント」(レーザーとコンピュータによる切削によって)する能力を、ユーザーに与えてくれる。

 技術が簡単になるにつれ、家庭ユーザーが図面や青写真をウェブからダウンロードして、自宅のオフィスで自分で製品を作れるようになるのは時間の問題だろう。

 もちろんそれはまだかなり先の話だが、2013年には3Dプリンティングの分野が大きく成長し、それに伴って倫理的な問題も生じてくることが予想される。銃火器を自宅でプリントできてもいいだろうか?3Dプリンタと幹細胞を使って、人体の一部を作っても構わないだろうか?あるいは、「海賊」サイトから図面や青写真をダウンロードすることが許されるべきだろうか?3Dプリンティングが一般的になれば、厳しい規制が行われる可能性が高い。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]